看護師や薬剤師の資格を活かしてパートでも高収入GET

専門的な仕事

注意すべき点は、薬剤師はパートでも正社員でも同じ業務を行うことです。

薬剤師のパートで注意すべきことは、薬剤師は国家資格の専門職です。このため、基本的に携わる業務は、パートでも正社員とかわらない業務を担当することになります。同じ業務を行いながらもパートということで、給与や福利厚生に正社員に比べて条件が抑えられているため、仕事へのモチベーションの維持が難しくなります。そこで、パートして働くとしても雇用条件で正社員登用があるパートとして勤務すると良いです。勤務態度などが認められると正社員として勤務することができます。しかし、雇用条件に正社員登用がない場合は、正社員となれる可能性がなく、正社員を希望する場合には、また、一から就職活動を行うわなければならないというリスクがあります。

知っておくと良い情報は、派遣会社の活用と大手の薬局で働くと安心できることです。

薬剤師のパートで知っておくと良い情報は、薬局などで直接雇用されるよりも派遣会社などを通じで働いた方が、給与などの雇用条件が良いです。派遣会社から派遣され、働くことにより、薬局などの事業者の裁量により残業や給与の変動がなく、一定の業務の範囲で働くことができます。また、何か問題が起きた際も派遣会社の担当者が仲介して対応してくれるので安心です。ただし、注意点として派遣会社によって得意な業界などがあるため医療や薬剤師に特化した会社を選ぶことが大切になります。また、知っておくと良い情報として、個人の薬局よりも大手の薬局の方が、転勤などがありますが、パートでも雇用が安定しているので、働きやすい環境が整っています。